特集記事

蓮の華

丘の上から夜の町を見下ろすと

いくつもの光がそこらじゅうに広がってる

この光の数だけそれぞれの夢があって

それと同時にそれぞれの悲しみの色があるのだろう

※1 目に映るものが多すぎて 目を閉じてしまいたくなるけど

昨日より今日の自分が少し好きになれればいい

泥沼にしか咲くことのできない 蓮の花のように僕らもきっと

この場所でしか咲かない君だけの華がある

たくさんの人に囲まれてる時ほど

ひとりぼっちを感じてしまうのは何故だろう

きっと不安や後悔も、幸せや運命だって

それ自体はただの言葉で、僕らは出来事の名付け親

いつか流した涙は雨となり 優しい華を咲かせられるだろう

過去なんて振り返らずに未来なんて見えなくても

泥沼にしか咲くことのできない 蓮の華のようにぼくらもきっと

ありふれた日々の中に喜びの種がある

※1 くりかえし

記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 竹林山 法音寺。2015作成されました。