特集記事

一水四見

ある日君に電話をして「いまどこにいるの?」と聞いた

君は僕にこう答えた「いま海を眺めています」

その日魚さんにも聞いた「君はいまどこにいるの?」

魚さんはこう答えた「いま僕のおうちにいるよ」

ついでに鳥さんにも聞いた「君はいまどこにいるの?」

鳥さんはこう答えた「いま食堂に」

最後に仏さまに聞いた「いまどこにいますか?」

仏さまはこう答えた「いま宝石を見ています」

誰もが自分が正しいと思って生きているけど

育った環境が違うんだ 違うのはあたりまえさ

君と僕とはこれからも交わることはないけど

それでも君を受け入れようと思うことが大切さ

誰かを変えようとしたとき苦しみが生まれるのさ

自分が変わろうとしたときに安らぎが生まれるのさ

君は海にいると言った 魚はおうちと言った

鳥は食堂にいると言った 仏は宝石と言った

記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 竹林山 法音寺。2015作成されました。