日本サッカー協会のエンブレム「八咫烏()」や平和の塔(宮崎)をデザインした日名子実三(ひなごじつぞう)氏が設計した、祈祷を行うためのお堂です。日名子氏によって描かれた十二神将(堂内の折戸)は歴史的に大変貴重なものです。

祈祷のご本尊、生髪の鬼子母神様(髪が伸びるとの噂も!?)が祭られております。

ーさんこうどうー

ーじょうぎょうぼさつー

三光堂向かって右。

病を治す強いお力があります。

水をかけ心から願いを込め、病気の箇所をタワシでこすってください。

他人の祈願でも結構です。

ーとようえいなりだいみょうじんー

本堂真裏にあります。

豊穣、繁栄というこの上ない豊かな実りを授けてくれる、現世利益(この世での願いを叶える)の神様です。

ーおたまやー

たら姫や歴代の稲葉家お姫様の位牌がまつられております。

法音寺の墓地の階段をのぼると墓地境内の中心にみえます。

普段戸の鍵は閉まっておりますが、声をかけていただけば中に入ることもできます。

ーだんしんとかいかんー

平成13年に新築しました。(加藤日顕 代)

会議や、お寺の催しなどの際に使われます。

© 竹林山 法音寺。2015作成されました。