住職

加藤 顕瑩(かとう けんえい)

 

大分県修法師会長

昭和60年、日蓮宗大荒行堂を成満。

平成5年、法音寺26代目住職に就任。同時に法音寺別院、瑞祥教会の担任また臼杵保育園の理事長に就任。

平成14年、4度目の大荒行堂へ入行し、成満する。

 

 

<趣味>

早寝早起き・筋トレ・水泳・庭の手入れ

 

<好きなもの>

TAO・ワイン

副住職

加藤 圓清(かとう えんせい)

 

平成3年に法音寺の長男として生まれる。

中学生からギターをはじめ、学業の合間に路上ライブなどを行う。

 

地元の高校を卒業し、東京の立正大学にて仏教を学びながら音楽活動をする。

「天下一音楽会」の 決勝戦では、ZEPP TOKYO にて1000人以上の観客の前でパフォーマンスを披露するが、実家のお寺を継ぐ為に解散。

 

平成26年度、総本山である山梨の身延山久遠寺で行われる、信行道場での修行を終え、日蓮宗の僧侶となる。

 

平成27年度、日蓮宗大荒行堂に入行。

 

<趣味>

心理学、読書、バスケ

<出張ライブ、説法について>

副住職である加藤圓清(うたうお坊さん)の出張ライブを受け付けております。

大分県内を中心に 神社仏閣、イベント、お祭り、介護施設、カフェなど、幅広い場所で説法をしております!

​👈詳しくは写真をクリック!!

Please reload

© 竹林山 法音寺。2015作成されました。